更生施設とは、生活保護法第38条第3項に基づく保護施設で「身体上及び精神上の理由により養護及び生活指導を必要とする要保護者を入所させ生活扶助を行う」ことを目的としています。さざなみ苑は、山谷対策事業の一環として山谷地域の日雇い労働者が、仕事がなく生活に困窮する冬期に一時的な入所をする施設であった準更生施設「潮見寮」を、山谷地域の日雇労働者で、高齢又は病弱なため生活困窮に陥っている方々の本格的な更生施設として改変し、平成11年に開設した施設です。

施設概要
沿革
昭和53年10月 旧潮見寮竣工
昭和53年12月 山谷地区の越年越冬対策の一環として、生活保護法による準更生施設として運営開始。以降、毎年12月1日より3月31日までの4ヵ月間を運営。
平成8年12月 旧潮見寮の改築にともない、潮見寮前の都有地に仮設プレハブを建設、運営する。
平成11年3月 旧潮見寮跡地に新施設竣工。
平成11年8月 施設名称を「さざなみ苑」に変更し、定員60名(4月~11月)176名(12月~3月)の更生施設として事業開始。
平成13年4月 通年176名に定員変更
平成25年3月 通年160名に定員変更
平成29年11月 通年120名に定員変更


目標
・入所対象者の拡大を図るなど、施設経営の安定化に努めます。 利用者との対話を大切にして、安心して生活できる環境作りを目指します。

・利用者が日常生活上の自己管理を意識し、自立の促進と退所後の生活の維持・安定が図れるよう援助します。

・報告・連絡・相談・引継ぎによる職員の意思統一の下、事故を未然に防止し、利用者に対して適切な行動・援助ができるよう心掛けます。


<就労自立>
求職情報の提供やハローワークへの同行を実施し、求職・就労活動がスムーズに進むよう援助します。

<居宅移管>
居宅生活への不安解消のため、自活訓練室の利用など退所後の生活を見据えた援助を行います。

<施設移管>
施設行事等に参加することにより集団生活に適応できるよう援助し、施設見学等通して生活環境の変化にあらかじめ準備できるよう支援します。

<その他>
自立に向け、負債・戸籍等の様々な課題を解決するため援助します。




施設案内

4階居室

2・3階居室

自活訓練室

面接室

洗濯洗面室

風呂場

食堂

娯楽室

図書室

理髪室

受付

事務室


施設情報
・所在地
〒135-0052 東京都江東区潮見1丁目29番23号
TEL 03-3649-7267
FAX 03-3649-7621

・設置・運営
社会福祉法人 有隣協会

・施設長
塩崎 審治

・設置年月日
平成11年8月1日

・利用対象
台東区・荒川区・江東区・墨田区の各福祉事務所にて生活保護を受けている男性単身者

・定員 120名

・利用申込み
台東区・荒川区・江東区・墨田区の各福祉事務所

・施設規模
敷地面積 2,180.0㎡
床面積 3,548.16㎡
構造   鉄筋コンクリート造地上4階
※土地・建物は都所有

・職員配置
施設長 1名
主任指導員 1名
指導員 7名
事務員 2名
看護師 1名
栄養士 1名
嘱託医 1名
この他に非常勤として業務員1名、夜勤専門員4名