『地鎮祭(仮称はるかぜ新築工事)』を行いました 平成28年5月11日

 平成28年5月11日(水)に、『都市型軽費老人ホーム(仮称)はるかぜ・宿泊所 春風寮(大田区仲六郷4-2-12)』の地鎮祭を執り行いました。
 有隣協会は、戦後まもない時期から大田区仲六郷に『宿泊所 春風寮』を開設し、地元の理解と協力を得ながら福祉事業の歴史を重ねてきました。今回の新築工事が無事に竣工となるよう、地元の六郷神社のご神職様と各関係者で祈念しました。
   平成29年4月に開設を予定している『都市型軽費老人ホーム(仮称)はるかぜ・宿泊所 春風寮』は、「都市型軽費老人ホーム」「居宅介護支援事業所」「訪問介護事業所」「宿泊所」「本部事務局」を併設した複合型福祉施設としてリニューアルオープンします。
   有隣協会の法人理念である、『徳は孤ならず、必ず隣あり(人はひとりで生きていくものではなく、喜び悲しみを分かち合いながら共に助け合って生きるものである)』の達成に向けた取り組みを行うとともに、今回の『都市型軽費老人ホーム(仮称)はるかぜ・宿泊所 春風寮』の開設が、“法人の歴史の中の重要な転換点である”と認識して、全職員が一丸となって福祉支援を進めてまいります。
社会福祉法人 有隣協会
理事長 小又 正幸 




トップページにもどる